猫

ペット葬の現状は今どうなっているのか


 ペットというと少し前までは、番犬や家畜のように外で飼うのが一般的でした。そのため、ペットが亡くなってしまった場合にも庭に埋めて埋葬したり昔は、市役所などに連絡すればゴミ収集車が取りに来てくれ、ごみとして処理されてしまうことも多くありました。
 しかし、外で飼われていたペットが家族として家の中で一緒に暮らすようになり、その考え方は多く変わりました。残念ながら以前は、ペットは家族ではなく物として扱われており亡くなった時の方法としてはごみとして処分されるのが一般的でした。
 ペットを飼う人の増加でペット産業もどんどん仕事の幅を、広げており多くのペット産業が出来ています。そのため、ペットは人間のようにトリミングサロンで散髪したり、洋服を着せられたりして今では人間と同じように家族として扱われており、ペットのご飯であるドッグフードやキャッドフードも数えきれないほどの種類があります。ペット産業は多様化して来ており、昔はペットが亡くなったからといって火葬するのはまれでしたが、最近では大事な家族であるペットとのお別れと言うことで人間と同様に火葬し中にはペットのお通夜や葬儀などのお別れのセレモニー行うペット葬儀社も多く出来ています。
 葬儀と言う言葉を使うのは、以前は人間だけに対して行うものでした。しかし、家族と同じようにペットと接する時代になり昔ではなかったペット葬が今では当たり前になりつつありペット葬という言葉も今では定着しつつあります。大切な家族が亡くなった悲しみを受け入れるために、火葬をして葬儀を行う飼い主さんも増えておりペット葬儀社も全国的に増えています。ペット葬は、ペットを供養するだけではなく家族のように暮らして来た飼い主さんが可愛いペットとお別れの時間を持ち悔いのないようにするという意味もあります。
 最近では、ペットが亡くなってしまったことでペットロスになってしまう人も少なくなりません。きちんとペットとのお別れをすることで、ペットロスになることを防いでくれる役割もあります。
 とはいえ、ペットの葬儀というのはまだ歴史の浅い分野で多くのペット葬儀社がありますが、どこを利用しても同じように供養してもらえるものではありません。葬儀の費用の面では、ペットの葬儀社が多く出来る前は一部の霊園でしかペットの火葬は行ってもらず高額の費用が掛かり一部の人しか利用することが出来ませんでした。
 今では、全国に多くのペットの葬儀社が出来ており利用しやすい価格になっています。しかし、ペットの火葬にはとくに資格があるわけではないので、中にはペットの遺体を火葬の費用を浮かせるために放置してしまったというケースもあります。そのため、飼い主さんはきちんと自分の家族であるペットの遺骨を火葬した後に引き渡してくれるペットの葬儀社を選ぶ必要があります。
 火葬の方法に関しても、葬儀社により方法が違い他のペットと一緒に火葬されたり個別で火葬してくれる所もあります。他のペットと一緒に火葬されてしまうと遺骨が分からなくなってしまう場合もありますから、それが嫌な場合には個別で火葬してもらう方法を選んだ方がいいです。

愛犬を可愛がる女性

 大切なペットと飼い主さんなら、ずっと一緒に暮らしていたいと思っているはずですが別れの時は必ずやって来ます。また最近ではペットの火葬をした後に、霊園を持っておりそこで永代供養であったり納骨が出来る納骨堂を持っている業者も増えています。飼い主さんは、ペットの葬儀社を選ぶ時に火葬だけをしてもらうのか、そうではなく葬儀をしてもらい遺骨を自分で持って帰るかやその後に霊園に納骨するかなどを決めたうえでペットの葬儀社を選ぶ必要があります。
 もし、霊園などにペットの遺骨を納骨する場合には自宅からその霊園が遠いとペットのお墓参りに行くのに不便なので出来るだけ近くの場所を選んだ方がいつでも、ペットのお墓参りをすることが出来ます。ペットが亡くなってしまうと、飼い主さんはどうしていいか分からず悲しみにくれてしまうはずです。
 しかし、ペット葬を行う場合にはきちんとどのペット葬行ってくれる業者を選ぶかが大切になります。遺骨をどうするかまで、決めたうえでペット葬を行ってくれる葬儀社を選ぶ必要があります。中には残念ながら悪徳業者があるのも事実です。そんな悪徳業者に大切なペットの遺体を渡してしまうと、ペットの遺体が雑に扱われてしまったり法外な料金を請求されたりします。そんなことにならないためにも、ペットの葬儀社の詳細な情報を調べてから依頼しましょう。
 ペットとのお別れのことを考えるのは、辛いものです。しかし、いつかお別れの日は来てしまいます。そんな時のために、心に余裕がある時にペットの葬儀社の情報を集めておくことも大切です。
 現在では、多くのペット葬儀社がありますのでいざという時のために情報を得て置くことは決して悪いことではありません。